安部首相トランプ氏に祝辞【米大統領選】

安倍総理大臣はトランプ氏に宛てて祝辞を出しました。
この中で、安倍総理大臣は「このたび、アメリカ合衆国次期大統領に選出されたことに心から祝意を表します。
日米両国は、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった普遍的価値の絆で固く結ばれた揺るぎない同盟国だ。
トランプ次期大統領と手を携えて、世界の直面する諸課題に共に取り組んでいきたい」としています。

が、しかしです。トランプ大統領は日米安保条約についてこう言い放っています。

全額負担しなければ撤退する

3月26日、New York Timesのインタビューに答えたトランプ氏は日米安保条約についてこう発言しました。

「我々が攻撃されても日本は防衛する必要がない。米国は巨額資金を日本の防衛に費やす余裕はない」。

昨年末にも「誰かが日本を攻撃したら、我々はすぐに駆けつけ、第三次世界大戦を始めなければいけないんだろう?我々が攻撃されても日本は助けない。フェアじゃないだろ?これでいいのか?」と不満をぶつけており、日本や韓国が米軍の駐留経費を全額負担しなければ撤退させると主張。「米国は強い軍事力を持った裕福な国だったが、もはやそうではない」と述べています。

また、日本や韓国が北朝鮮や中国に対抗するために核兵器を保有することは否定しないとも述べています。

「自衛のための必要最小限度の実力保持は憲法9条でも禁止されているわけではなく、核兵器であっても、仮にそのような限度にとどまるものがあるとすれば、保有することは必ずしも憲法の禁止するところではない」

と国会では既に、横畠裕介内閣法制局長官がこのような答弁書を述べています。

一部保守派の間で、日本の対米自立の好機だとトランプ大統領を期待する声は確かに存在し、結果としての核武装を期待する声も全くない訳ではありません。さらに韓国で核武装が実現すれば日本にも、という声は強まるでしょう。直接的な危機と隣接している韓国では核武装を求める声は強まっており、中央日報が2月に行った世論調査では核武装賛成が67.7%にもなっているそうです。

今後の日米関係、そして安全保障政策がどうなっていくのか?見守っていきたいと思います。

以上りらやんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です